とっても働き者な彼ら5人組。

店入ってすぐ正面、最初にお客様を顔を合わせ、

休みなく出迎えてくれている。

いつもご苦労様。

これはもう100年以上前にオランダで描かれたもの。

どんな画家に描かれて

どんな家に飾られながら

19世紀のオランダから

この店に来たのだろう?

歴史を語れるってホント浪漫があって素敵!

一方花は、いつだって新鮮で、

長い命ではないけれども、

常に新しさを店に運んでくれる

その花とアンティークを融合させたら素晴らしいものが出来る気がする!

伝統 × 革新 のマッチング

これはいける!

お前達はこの先200年でも300年でも

お客様をお迎えしてくれよ!

0コメント

  • 1000 / 1000